森は生きている

クリスマスキャロルと同様に世界名作全集の中に掲載されていた旧ソ連の作家
による童話です。第二次大戦後に発表されたそうですが、意外に新しかったの
ですね。私はクリスマスキャロルの次位に好きです。

c0356613_08052241.jpg













と言いつつ、ストーリーは断片的にしか覚えていません。継母にいじめられて
いた少女が、継母の無理強いで冬の森に入るが、森の精達に助けられる。その
後継母も森に入るが、助けは得られず凍えて死んでしまう、という話だったと
記憶しています。

1956年製作の旧ソ連作アニメ(日本語字幕)もアップされています。


何か私の記憶とちょっと違いましたね。結構質の高い作りだと思います。

劇の模様もアップされていました。


[PR]
by cocosable | 2015-12-26 06:00 | 映画
<< 志 腕時計 >>