フルール・ベルラン

先週フランスのニュースで内閣の交代人事を報じていたのですが、前任の女性
大臣に明らかに東洋系の顔立ちの人がいました。

そして彼女の退任挨拶が「発展途上国のスラム街で育った少女が質素な家庭の
養子になり、ある日文化相になる。そんなことが可能な国はごく少数です」

とても興味深かったので、どういう人なのか知らべてみました。
欧州初の韓国系閣僚ペルラン氏、「私は天才を模倣する普通の人」

韓国が発展途上国かどうかはともかく、こういう人がいるということを知って
よかったです。

c0356613_08140176.jpg


[PR]
by cocosable | 2016-02-15 06:00 | ニュース
<< 足るを知る 梅と兵隊 >>