獣の刻印

先月某ビジネスセミナーに参加したのですが、講師の先生から「IoT時代が
発展して20年以内にはICチップが人体に埋め込まれる時代が来る」という
指摘がありました。先生曰く「健康管理などに有益」という説明でしたが、私
は物凄く抵抗感、違和感を感じました。

以前書いた様にベルギー企業が従業員にICチップを埋め込んだというニュー
スを聞いて咄嗟に嫌悪感を抱いた位ですが、本件に限らず世界中で同様な動き
がある様です。現在大掛かりに進行中という噂もあります。

マイクロチップを身体に埋め込んで自分を“アップグレード”する若者たち

オーストラリアでマイクロチップ埋め込みの便利さが評判になる

アメリカでは3人に1人がICチップを埋め込まれている/人体に注入されて
いた謎の異物


そして連想したのが「それって黙示録で言われている”獣の刻印”のことじゃ
ないの?」ということ。
人体埋め込みチップからバイオメトリック決済という手のひらをかざしてお支払
いという新システムと気になる獣の数字666と管理監視社会


「黙示録」の「獣の刻印」とロックフェラーの人類奴隷化計画


ちなみに黙示録と言えば「チェルノブイリ事故」や「世界最終戦争ハルマゲドン」
を預言しているという指摘が古くからあります。
チェルノブイリ原子力発電所の事故

ハルマゲドンはいつか?

まあICチップ以前にすでに情報社会にどっぷり管理された人達は大勢いるし、
私を含めて大なり小なり支配されているのが悲しいかな現実の世界な訳です。
SNSで悪戯に友達を増やして喜んでいる様な人達は相当危ないと私は思ってい
ます。

それと度々指摘する「分離する世界」の闇側はこれらの管理された人々の巣窟だ
と思うので、これからも警戒していかなければいけないテーマだと思っています。

c0356613_07501906.jpg



[PR]
by cocosable | 2017-05-11 00:00 | スピリチュアル/宗教
<< 白梅学徒隊 ペストとコレラ >>