宗教改革

ドイツのニュースを見ていたら「今年は宗教改革から500年」ということで、
キリスト教大会が盛大に開かれたことを伝えていました。

「そう言えばドイツってプロテスタント発祥の地だったな」ということを思い
出しました。


実はプロテスントについては知ってる様で詳細は知らなかったのでこの際調
べることにしました。私の知識では「儀式的なローマカトリックと一線を画
して、キリスト教を思想として取り込んでいる」という様なことでした。

ちなみに日本語の意味は「異議を申し立てる(者)」とうことです。


実に分かり易て面白いページがありました。
宗教改革

カルヴァンの宗教改革

c0356613_07453647.jpg















ピューリタン(清教徒)が宗教改革から派生したというのは初耳です。あらた
めて調べてみました。
ピューリタン

こちらのクロムウェルとは以前記事に書いたイギリス国教会成立の立役者で
あるトマス・クロムウェルの妹の孫にあたるそうです。
~清教徒革命の指導者 オリバー・クロムウェル~

そう言えば数年前にこの経緯を描いた映画をWOWOWで見た覚えがあります。
クロムウェル~英国王への挑戦~

クロムウェルという名前はその時に刷り込まれた、のだと思います。

それとピューリタンというとメイフラワー号を連想します。
メイフラワー号の真実 ~実は少数派だったピューリタン~

スピリチュアリストの記事を調べてみました。
近代民主主義の根源【ルター・プロテスタント・ヘルメス・ルネッサンス】

心とエネルギーも整えるシンプルライフの元祖とは?

カトリック教会の伝統に学ぶプロテスタントの信徒

とにかくいろいろ勉強になりました。といいますか、自分の中にバラバラに存在
していたジグソーパズルのピースが一気につながった感があります。

ちなみに同じニュースでトランプ大統領のローマ法王訪問を実にシニカルに伝え
ていました。
トランプ米大統領、ローマ法王と初会談 過去にあつれき
一年前だったら想像も出来なかった大珍事な訳です・・・


それにしても「宗教改革から500年」そして「ファティマの奇跡から100年」
だなんてキリスト教にとっては、実に大事な年の様な気がします。

ところでローマ法王と言えば、芹沢文子先生のお父上である芹沢光治良先生は
昭和20年代に時の法王ピオ12世に個人謁見されたそうです。
芹沢 光治良(ページの後半)

これって凄いことですね。

それとピオ12世と言えば「ファティマの奇跡」にも縁の深い方の様です。
ファティマの奇跡(12)

【予言】秘密にされているファティマ第三の預言

ファティマにあるピオ12世の像
c0356613_13240482.jpg




[PR]
by cocosable | 2017-05-27 00:00 | スピリチュアル/宗教
<< 象牙 ナポリを見て死ね >>