面子と世間体

年明けにNHKで放送した以下のドキュメンタリ番組を見ました。
NHKスペシャル「戦慄の記録 インパール」が放送

また先月CS放送された以下のドキュメンタリ映画を見ました。
ドキュメンタリー八甲田山

いずれの失敗も根底に流れるのは「始めたからには撤退など出来ない」
という面子が手遅れを生んだという印象ですが、責任者の保身や出世欲
も働いたものと思います。(ほとんど人災としか思えません)

興味深い記事がありました。
精神論系パワハラオッサンに殺されないために~インパール作戦と現代~
確かに日本人の根幹は何十年経とうと変わらないのかも知れません。
(現代版大本営発表といい)

c0356613_05370995.jpg












ちなみに前々から面子や世間体にこだわる人たちにはこれからの世の中
では生き辛いと思っていましたが・・・
頑張っているけど、我慢してしまう

世間体を気にする人って…?

私が世間体を気にしなくなった理由

人に合わせていると、心に穴が開きますよ

「世間体」という幻

まあいずれ到来するであろう大転換期、大峠を越えられない人達である
ことは確かな様です。

そう言えば中国人は面子を重んじる民族と聞いたことがあります。
中国人の「メンツ」とは

多くの中国人が謝れない理由は、伝統的な「面子の文化」

こちらもアメリカ以上に途方も無いなカルマを積んでいそうで、それが噴出
しようものならもう手の付けられない事態になりそうです。
集積する中国のカルマ


[PR]
by cocosable | 2018-02-08 00:00 | スピリチュアル/宗教
<< スピリチュアル的地雷 金金金の世の中 >>