人気ブログランキング |

カテゴリ:音楽( 60 )

誰でも世界を良くする責任を負っている

先日WOWOWで放送されたドキュメンタリ映画「パッション・フラメンコ」
を見ました。
パッション・フラメンコ

フラメンコは生で見たことも無ければ知識も乏しいのですが、稀にテレビ番組
や映画の中で見かけると嬉しくなります。今回も単にフラメンコを見れるとい
うのが楽しみでした。

しかし意図せず本作の主役で現代フラメンコダンスの第一人者であるサラ・
バラスという人物に強く惹かれるものがありました。ちなみに本日のタイトル
は映画の最後に彼女が語った一言です。
人生への賛歌!情熱がほとばしる映画~「パッション・フラメンコ」



まだ駆け出しだった10代の頃に、日本で半年以上滞在し新宿のお店に出演
していたそうです。
『パッション・フラメンコ』サラ・バラス日本滞在時の未解禁写真& 出演者
の折原亮さんインタビュー


一言で言うと「何事にも真摯に向き合う人」という印象を受けましたが、この
人も故天本英世さんが言うところの「スペインの生んだ巨人」の一人ではない
でしょうか?そしてこういう人が日本と縁があったなんて嬉しい話です。



私も「世の中を良くする責任を負っている」と思い、微力ではありますが周り
からよくしようと努力しているつもりです。

c0356613_05594560.jpg




by cocosable | 2018-12-27 00:00 | 音楽

江間章子

と言えばその名前を知らなくても彼女が作詞した「夏の思い出」や「花の街」
をご存知の方は多いでしょう。私も大好きな曲です。

先日何となくネット検索をしていたら故芹沢文子先生が埼玉県の小学校校歌を
作曲されていたことを知りましたが、作詞者を見たらなんと江間さんでした。
学校の歩み ~創立から今日まで~
「えっ、あの江間章子?」と思わず呟いてしまいました。


先日勉強会で関係者に訪ねたところ「芹沢先生と江間さんは実際に親交があり
ました」とのことでした。


やはり「”美しい心”は”美しい心”を引き寄せるのだな」とあらためて思い
ました。


芹沢先生がご存命でしたらいろいろお聞き出来たのに残念でなりません。

ただ江間さんのことはその作詞以外ほとんどしらなかったのであらためて調べて
みました、
江間章子

今月話題-夏の日の思い出

「夏の思い出」「花の街」ともに戦後の混乱期に人々を元気づけるために作
られたというのは以前聞いたことがありますが、志の高い曲という訳ですね。
江間章子さん、ありがとう。そしてさようなら。

c0356613_08095301.jpg

















インタビュー番組がアップされていました。


代表曲「夏の思い出」と言えばやはり女性合唱が定番です。


芹沢先生を通じて長年崇敬(大袈裟?)していた人とつながったなんて何だか
嬉しい話です。


by cocosable | 2017-09-10 00:00 | 音楽

宮沢賢治の食卓

先月WOWOWでタイトルのドラマが5回シリースで放送されました。
連続ドラマW 宮沢賢治の食卓

元々原作漫画があるということです。
『宮沢賢治の食卓』魚乃目三太【日刊マンガガイド】

20年程前の一時期宮沢賢治に嵌り童話や書籍、映画など多くの作品に触れま
しが、その過程でイメージとは裏腹に実は彼は地元のレストランに通う食通だ
ったことを知りました。

今回のドラマではフィクション性は強いものの、家族や周りとの触れ合いを
中心にユーモラスかつ人間味溢れる賢治を描いていて、やはり書籍では得ら
れない立体感というものを感じることが出来ました。
【まとめ】2017年6月スタートドラマ「宮沢賢治の食卓」のあらすじや感想
・口コミ・評判・視聴率・ネタバレなど


宮沢賢治の食卓
概ね評価は高い様です。出来れば地上波で再放送(あるいは再制作)してより
多くの人達にも見て貰えると良いと思います。

c0356613_08081660.jpg














 
さてむしろこちらを主に書きたかった後半です。宮沢賢治は1896年生まれの1933
年没ですが、私の歴史観(?)からするとそんなに古い人ではありません。
(ちなみにチャップリンより7歳年下)


彼の晩年(とは言っても30歳台)である1930年代というのは丁度米国のス
ウィングジャズの黎明期で、名作曲家、名演奏家が活躍した時代ですので、
ひょっとして賢治自身もリアルタイムに聞いた可能性があります。

そこで同時代で私の好きな人達の演奏を集めてみました。

まずはアメリカの生んだ大作曲家ジョージ・ガーシュインは1898年生で1937年没です
からほとんど同時代の人です。貴重な本人の演奏動画です。


フランスの名ジャズギタリスであるジャンゴ・ライハルトの1934年の演奏です。

 
有名なルイ・アームストロングがブレークし始めた頃の演奏です。

 
後のジャズ界の巨人であるベニー・グッドマンも若手の頃です。


最後に以前紹介しましたが、イギリス民謡「遥かなるティペラリー」に賢治自身
が歌詞をついて上演した曲があります。
私は五聯隊の古参の軍曹
  
しかし当時この曲を知っていたということは、やはりイメージに似合わずモダ
ンボーイだった様ですね。


by cocosable | 2017-08-26 00:00 | 音楽

夏の庭園で

先月来、朝は以下の番組でクラシック音楽を聞いていますが今や私にとって
至福の時間です。(radikoのタイムフリーで聞いています)
Symphonia - TOKYO FM
 
ところで先日生まれて初めて聞く曲に聞き入ってしまいましたが、それがディ
ーリアス作夏の庭園で」です。


特に5分~8分位はなんだか宇宙を感じます。

ディーリアスという作曲家の名前はクラシックの放送でちょくちょく耳にし
ますが名前以外は全く知りませんでした。なんだかよい記事がありました。
ディーリアス音楽入門

それと庭とか庭園そのものにも何だか宇宙を感じます。
日本庭園は美しい小宇宙

c0356613_08025466.jpg














 
ところでクラシックの中で宇宙にちなんだ、或いは感じさせる曲は他にないも
のか調べてみました。
 

まず真っ先に浮かんだのはホルストの「惑星」 木星こそお馴染ですが、フル
に聞いたことがなかったので聞いてみました。


それと故冨田勲さんのシンセサイザーってそもそも宇宙的ですよね、






なんだかこれらの曲を聞いていると淀みが消えて波動が高まっていくのを感じ
ますし、これにもオーガニック~自然回帰という良い流れの一環を感じます。


by cocosable | 2017-08-13 00:00 | 音楽

ハチのムサシは死んだのさ

私が子供の頃にこういうタイトルのヒット曲がありましたが、ある朝ふと頭に
浮かびました。後に紅白歌合戦でも歌われた位です。



子供心に「変な歌」と思うと同時に、当時は高度成長期終盤と同時に、学生
運動が盛んだった時期で、なんだか強大な力に挑んで朽ち果てていく若者の姿
を描いている、ということを子供なりに想像したものです。

この歌のもう一つ興味深い点は、作詞者が内田良平という悪役を中心に活躍し
た俳優ということです。名前こそ知ってはいたものの当時の私にとってあまり
馴染深い人ではありませんでした。が、以前紹介した「十三人の刺客」の最初
に制作された映画で乱心と知りながら主君を守らざるを得ない悲哀に満ちた
軍師役を演じた人です。
☆十三人の刺客(工藤栄一監督+片岡千恵蔵)

映画自体は敵味方を問わず「忠義」がテーマですから、ハチのムサシとは真逆
の世界です。

俳優の傍ら詩人としても活躍していたそうです。
「ハチのムサシは死んだのさ」 内田良平

「ハチのムサシ」・・・内田良平詩集「おれは石川五右衛門が好きなんだ」より

確かにいわしの詩はしみじみ良いですね。常に死を意識していた人なのかも知
れません。私達にも大なり小なり(?)そんな気持ちが必要な気がします。

c0356613_07522330.jpg



by cocosable | 2017-07-05 00:00 | 音楽

目の保養

と言っても変な話ではありません。


先日2時間程、ブログを書きたくもなければ、サッカー中継や映画も見たく
ないという時間がありました。要するにモニタを一切見たくないという訳です。
ひょっとして目が悲鳴を上げたということかも知れません。

かと言って2時間ぼ~っとしているのも耐えられない性分ですので、クラシッ
クでも聞こうかと思いましたが、残念ながらNHKでは放送していない時間帯
でした。


そこで動画サイトにはクラシック音楽が大量にアップされていることを思い出
し調べた所作曲家別の2時間以上のメドレーなんてボロボロあることが分かり
ました。


クラシックについては有名な作曲家の代表的な曲位は知っていますが、耳慣
れた有名な曲より、普段聴かない様な曲の方がむしろ新鮮味があります。
そこで、取り敢えず今回は癒し系と言える作曲家を集めてみました。







それと東京地区ですと、FMTOKYOが早朝にクルシック番組を放送して
いることを知り、radikoのタイムフリー(ディレイ)放送で聞いてい
ます。
Symphonia - TOKYO FM

ちょうど海外サッカーとNBAのシーズンが終わってしまい時間が余りますの
で、これからは頻繁にクラシックを聴くことになりそうですが、目の滋養によい
ですし、心の健康にも効果がありそうです。

c0356613_07523392.jpg




by cocosable | 2017-06-18 00:00 | 音楽

江利チエミ

韓国のニュースを見ていたら、今や四面楚歌のパククネ大統領が若い頃の写真
を紹介していました。

それを見ていたら「誰かに似ているな」と思いました。それは昭和30~40
年代に活躍した歌手の故江利チエミさん。
江利チエミ

若き日に米国でヒットチャートにランクインし、更に米国・ハワイコンサート
開催し、デルタ・リズム・ボーイズと共演だなんて実は凄い人だったのですね。

が、私的に真っ先に浮かぶのは昭和40年代初頭に放映されていた実写版サザ
エさん。

c0356613_10513196.jpg
















 



私が20代の頃に、彼女が急死したという報道を見た時はビックリした覚えが
あります。
江利チエミの死因は脳卒中!?好きなお酒はウィスキーのミルク割り
背景には不幸な出来事があったのですね。それと天才肌の人って晩年は不幸
に見舞われることが多いのかな?(昔のJAZZミュージシャンにはそういう
人達が多いです)こういうと顰蹙物かも知れませんが「天才じゃなくて良かった」

動画サイトに渡米前後の古い録音がアップされていましたが、素晴らしい歌唱
と演奏で、これだったら本場のアメリカ人も納得と思いました。
JAZZ界の巨匠カウント・ベイシーと共演なんて嘘みたい。




個人的には世紀の大発見でした。
ちなみに本日1月11日はチエミさんの誕生日とのことです。


by cocosable | 2017-01-11 00:00 | 音楽

和楽器

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

さて年明け早々は私らしく音楽で飾ろうと思います。

以前テレビの街歩き番組を見ていたら、BGMで琴によるポップ調の曲が流れ
ていました。「おっ結構いい感じ、和楽器って和むな」と思いました。

春の海の様な正月の定番もいいけど、和楽器によるポップ調の曲を探してみま
した。














30歳代以下の人には分からないかも?・・・ちなみに初回放送から50周年
だそうで、年末にBS朝日が一挙放送していました。


まあ四六時中、大転換だとか激動期を語ってもつまらないですからね。3ヶ日は
こんな乗りで、ゆるい話を書きたいと思います。


c0356613_07234844.jpg


by cocosable | 2017-01-01 00:00 | 音楽

空を超えて

谷川俊太郎さんの記事のために谷川さんの画像を探している過程で、かの鉄腕
アトムの主題歌は谷川さんの作詞であることを知りました。
アニメ作品が生んだ名曲たち「鉄腕アトム」〜作詞者・谷川俊太郎の戸惑いと
驚き〜


c0356613_07553247.jpg











 
 
 
そこで、他に有名な曲はないか?と思って探してみました。

やはり手塚アニメ主題歌のビッグX。アトムの流れですね。


「俺たちの朝」という青春ドラマ。私が高校生の頃の80年代の作品です。


ネスカフェのCMです。評判の作品らしいですが丁度地上波を観なくなった頃に
放送されたもので、観た記憶がありません。


あと変わり種ですが、故小沢昭一さんの作曲でこんな歌がありました。
詞自体も小沢さんっぽいですね。


昭和30年代に制作された谷川さん脚本のラジオドラマがアップされて
いました。


by cocosable | 2016-11-06 06:00 | 音楽

きみ歌えよ

お客さん用BGMを探していた時に、偶然発見したのがタイトルの曲です。
曲自体は初めて聴く曲でしたが、歌詞には聞き覚えがあります。

「変だな?こんなことってあるのかな?」と思いました。

作詞は詩人の谷川俊太郎さんですが、複数の作曲家が曲を作っていました。

c0356613_06473130.jpg




















合唱の世界では人気の曲ということです。





ちなみに、谷川さんの詞に複数の曲が付くことは珍しくない様です。
谷川俊太郎 誰がどの詩に作曲したか

私が聴いた曲は、古いテレビドラマの中で使われたのですが、このドラマの
音楽担当がフォークシンガーの小室等さんですので、小室さん作曲に間違い
ないと思いますし、一番ピッタリと思います。(ドラマの中でしか聴けない
のが残念ですが・・・)

谷川さんと小室さんって縁が深いみたいですね。

『いま生きているということ』…谷川俊太郎 & 小室等

谷川俊太郎・永六輔・小室等「少年期は戦争だった」

ちなみに、そのドラマとはこのページの中で紹介されている「高原へいらっ
しゃい」です。以前も書きましたが、個人的にはこのドラマには独立後の不安
な時代に勇気を貰いました。

主題歌の「おはようの朝」は谷川さんの作詞だったのですね。今頃気付きました。


by cocosable | 2016-11-05 06:00 | 音楽